大坪シェフが営むフランス料理店

「アンペキャブル」を訪問してきました。

長崎市の思案橋近くに、そのお店はあります。

氏は昨年発足したナチュランネの同じクルーであり

また、震災時から今も尚、遠い長崎から熊本まで

出向き、炊き出しや、復興ボランティアを率先して

活動されている素晴らしいシェフです。
image
ホテルにチェックインした後、

近辺を探索しつつ19:00ごろお店に到着。

あいさつもほどほどに、

渇いた喉を潤すべく早速 スパークリングを注文。

滋賀県のヒトミワイナリーが造る

「h3クマゲラ2015」

濁りが旨味!アレ?なんかのCMみたいな感じ。

甘い香りとは、裏腹にスッキリとした旨味

たっぷりなスパークリングでした。

やっぱ日本人は、凄いなぁと思える一杯です。

image

そして、一皿目の料理が「地鯵のマリネ」

生姜と茗荷の風味を纏った地鯵のマリネを

オクラ入りのグリビッシュソース共に
image

一皿目を食べ上げるタイミングで次は、

白ワインをボトルで!!

ヴァンサン・デュルイユ・ジャンティアルの

ブルゴーニュ ブラン 2013

ミネラル感たっぷりで熟したリンゴ!?の

様なニュアンスのあるワインです。

僕的には(笑)
image

2皿目が「五島産カツオのマリネ」

ほんのり柚子胡椒が香るマリネに、

赤玉葱とビーツのピクルスを添えて。

カツオとビーツの鉄を感じるニュアンスが

凄くベストマッチしてました。
image

3皿目は、「北海道産ポークの自家製ハム」

軽くスモークしてあり、肉は柔らかく

脂の部分も凄く旨かったです。
image

そして、ボトル2本目がノーコントロールの

「コンブララ2014」

オーヴェルニュのガメイで、兎に角

ダシが効いて旨味っぷりなワインでしたよ
image

4皿目「ヤリイカと甘唐辛子のソテー」

ヤリイカのソテーからほのかに香る山椒と、

甘唐辛子のピュレの苦味が食欲を更に促進させます。

image

5皿目「アゲマキガイのブルギニョンヌ」

貝類のブルギニョンヌは、やっぱ旨いです。

下に添えられたガルニチュールの

ツルムラサキのヌルっとした感じが

アゲマキガイのヌメリと共にソースを繋ぎ

自家製パンが止まりませんでした(笑)
image

6皿目「ヤリイカ墨のリゾット 赤ウニ添え」

今回、実家のある天草経由で長崎入りしたので

今が旬の通詞島産の赤ウニをお土産でお持ちしたら

料理に少し添えて頂きました。

4皿目のヤリイカの墨まで余す事なく調理される

シェフには、ホント脱帽です。ウマ過ぎ!
image

そして、最後に、デセール3皿!!

もはや食べ過ぎですが、

食いしん坊の僕には、ノープロブレム(笑)

「桃のコンポートと、そのジュレ」
image

「濃厚ショコラ」
image

ショコラと同時に出された甘口のシェリー酒

ペドロヒメネスとの相性は、抜群でした。
image

そして最後に

「エスプレッソのジュレ!?」とコーヒー
image

いゃ〜久々に沢山食べて、沢山呑んで、

沢山笑い元気を貰いました!

まだまだ、いろんな不安の中での生活が

続いていますが、人間、旨いもん食って

思いっきり笑うのが一番ですね!!

大坪シェフ!ホント旨かったです!

ありがとうございました!!
image
























そして、翌日は少し観光をする為、

大浦天主堂とグラーバ邸へ
image
お約束のアレも見つけ
image

大坪シェフおすすめの中華料理店でネギそばと
image

海鮮ちゃんぽんを食べて
image

また茂木から富岡経由で、帰るのでした。

あっ!コレは行きの画像でしたw
image

今回、天草の富岡港から長崎の茂木港に渡り

ホテルの手配もせぬまま長崎入りしたのですが、

茂木港に常駐される職員の鉄本さんに、

初めてお逢いしたにも関わらずホテルの手配から

長崎市内までの送迎をして頂きました。

本当にありがたかったです。

近年このルートは、乗客の減少から一時

運航が廃止された時期があったそうなのですが

地元の方々の活動で3年前に運航再開がされた

ばかりだそうで、少しでもこのルートの

乗客が増える様に、ボランティアで送迎や

ホテルの手配等をされているそうです。

茂木港から長崎市内までは、車やバスで

15分ほどと、かなり近いので、

皆様も機会があれば、是非

このルートをご利用下さいね

富岡港には、無料駐車場もあるので便利ですよ〜